「アゲハ蝶」

新しく始まった「理科」の授業で、蝶の卵を観察しよう。という課題があり、庭のみかんの木で見つけた蝶の卵の観察を始めた息子。


その卵が孵化して幼虫になり、モンシロチョウかなと思っていたら、アゲハ蝶の幼虫の姿になり、そして最近「さなぎ」になる準備をしているところを、自主学習ノートに文章と絵で上手にまとめていました。


そんな「さなぎ」から、今朝成虫の姿をしたアゲハ蝶が出てこようとしているではありませんか!



ただ、息子が登校したあとだったので、慌ててビデオカメラを回して、写真を撮影して◎


美しい姿でした・・・ただただ美しいその姿に、ずっと見とれていました。


とってもマイペースで、ちょっと不器用だけど、何をやってもいつも丁寧で、みんなに優しい息子のおかげで、心落ち着く豊かな時間を過ごせました。