「ウォールナットの脚」


今日はソファの打ち合わせもあるので、午前中に進めることができる工程をしっかり確認しながらの作業でした。


シェーカーテーブルの脚の部材に水打ちをして、鉋をかけていきます。



「削るパフォーマンス」の機会があったら、迷わずウォールナットを選びたくなるくらい、サクサク削れて気持ちがいいです。

間違っても楢の木を選ぶことはないでしょう・・・。



僕は鉋を引き出しに収納しています。

鉋の台も湿気の影響を受けるからなのか、師匠が常にしまう人だったので、僕もそれに納得し、綺麗に並べて収納します。


さっと出して、さっとかけることができたら気持ちがいいものです。


ちなみに、今年のクリスマスプレゼントには、「新しい鉋が欲しいのですが。。。」と妻(経理)にお願いしております。