「大きな収納」

梅雨の季節がやってきました。


この時期は木工の仕事は、様々なところで湿気の影響を受けるので、順調に進むことは稀です。

それでもコツコツと製作は続いております。



大きな収納に取り付ける「藤の扉」の木取りを終えて、シーズニング中です。


今回は扉のフレームに「藤」を多めに被せて、フレームの見える部分を細くして、より繊細な印象に持っていきます。



収納の本体は、壁に直接取り付けるタイプのもので、本はもちろん、リュックや本袋、上靴入れなども、引っ掛けて収納できるようにしています。


構造はフラッシュ構造で、見える部分には楢の突き板を、内部のポリ板にはライトグレーを選択しての製作です。


軽やかで爽やかな収納になりそうで、今から完成がとても楽しみです◎