「天板の仕上げ」

ご新築の完成に合わせて、ダイニングテーブルを仕上げていきます。

今回は大阪からのご依頼です。



厚めの天板に角度のあるディテールを加えることで、薄く、軽やかな印象を与える面取り加工は「45度」ではなくもう少し鋭角に調整しています。

(ピンクの毛布につつまれており隠れておりますが、、、)


45度であれば、機械で加工が可能ですが、この角度は手鉋で微調整が必要となり、ちょうど手が触れる場所なので、「あ、良い感じになるんだろうなぁ。」と感じていました。


加工は少々大変ですが、とても充実した工程の一つとなりました。


これから脚の加工に入ります。

脚にも少し角度が入る工程があるので、まずは治具作りから◎



作業台の上には、仕上げを待つ「シェーカーテーブル」の天板が。


角のR加工を終えて、脚を固定するボルトの留め具も準備OKです!


双方の天板が1800×900の大きさで、ナラ材なのでしっかりずっしり!なので、移動の際も"ぎっくり腰"などに気をつけながら、慎重に行います。


少しずつ完成を迎えていく家具たち。


ひとつひとつ、ゆっくりと、丁寧に、そしてコツコツと頑張ります:)