「完成間近」

今日からいよいよ3月◎


2月最後の週末、めずらしく両親が土曜日に仕事へ向かったので、二人が帰ってくるまで、お休みをいただくことに。


そして、以前から息子が懇願していた「サイクリング」へ!

大きな自転車にまたがっても違和感のないその姿に、父は感無量でした。

風はあったものの、ポカポカ陽気と心地よい揺れも合間って、前の補助席に座っていた娘はずっと眠っていました◎


子どもたちと目一杯遊び、両親が帰宅後、僕は予定していた製作の続きをすすめるために工房へ。



扉に「藤」を張って、いよいよ完成間近のリビングボードです。


背板に空いている穴は、レコードプレーヤーのコードを通すための「コード穴」です。

左側の下には、コンセントが干渉しないようにと「コンセント穴」も空いています。


「収納家具」こそ、まさにその家、その人、その家族のための「オーダー家具」となります。


こういったコード穴はもちろん、「テレビボード」であれば、お持ちの周辺機器に合わせて。

「キッチン周りの収納」であれば、調理道具や家電製品に合わせて、取りやすい高さに合わせたりするなど、オーダーしていただけます。


「目につきやすい家具」も、もちろん大切です。


そして、あまり目につかないけれど、家族が毎日使って、その日々を支えてくれる収納家具はきっと名脇役としてとても大切な家具なのかもしれないと、こうして製作しながら考えさせていただけています。


今日でいよいよ完成予定です。

お届けまであと少し。


3月も焦らず、逸らず、冷静に、コツコツと、黙々と、そして淡々と集中して頑張りたいと思います。



©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com