「Nikon F3」

次女を授かってから、やはりずっと考えていた「次女のカメラ」◎


息子には、父から譲り受けた大切な「Nikon F2」、長女にも深い想いがこもった「Leica M4」を。そして3人目の次女には・・・自分の中では「3月3日」の"ひな祭り"に、購入すると決めていたカメラがあります。



それが「Nikon F3」です。


このご時世なので、なかなかお店にもいけず・・・いや、行かないで運命を待つ!という探し方もまた思い出にもなるなと思い、インターネットで色々と探していました。


シリアルナンバーは、僕の生まれた「1980年」に製造されたナンバーを探していて、最近見つけた「良品」と記載された綺麗な「F3」。

それが”3月3日”まで残っていたら、その運命を信じて購入すると決めていました。



そんな願いも叶い、いよいよ手元に届いた「F3」をみて、その手が震えるほど感激しました◎

もうこれは、「新品」と言っても過言ではない状態の「F3」でした。

コレクターの方に大切にされていたことが、ヒシヒシと伝わってきて、思わず手を合わせて「ありがとうございます。大切に使わせていただきます。」とつぶやいてしまうほどでした。


早速次女とのツーショットを妻に撮影してもらったのですが、「あっ、いいね・・・。」なんてふと、つぶやしてしまうくらい、スッと手に馴染んで使いやすいカメラです。


長男の「Nikon F2」も、長女の「Leica M4」も、妻の「contax 139Q」も、そして次女の「NikonF3」も、ずっとずっと大切に使っていこうと思います。