ゆっくりはじめる月曜日

とても暑い日が続いていて、こどもたちは「もう夏なのかな・・・。」なんて話をしていました。気温の変化や季節の変わり目などは、とてもゆっくりとスタートすることをいつも心がけています。


そして、今日は妻が3回目のワクチンを接種したこともあり、ちゃんと安静にしているかを確認するために、次女とたわむれながら、できることをコツコツと進めます。



独り立ちしてから、たくさん心がけていることがある中で、自分に確認するようによくブログに記しているのは「曰く付きの家具にしない」ということ。

深夜まで製作に取り組み「素敵な家具をありがとうございました。」と喜んでもらって、家に帰ったら寂しくて家族が泣いている・・・なんてことがないように。


「誰かのことを考えて、幸せにしたいと動くならば、自分もちゃんと幸せであること。」


家族を持つ前に約10年間、東京のど真ん中でひたすら働いていました。

早朝から深夜、いや早朝まで働いて、クタクタになりながらもとても冷静に客観的に自分の人生を見つめながら考えていたことのひとつです。


もし、自分が家具を作ってもらうなら、自分の家族をちゃんと大切にできていて、心が充実している人に作ってもらいたい。


これからもこの形は大切にしていきたいと思っています。


"汗"や"涙"から生まれるモノと同じくらい、"笑顔"や"健康"から生まれるものがあるといいなぁと思っていて、これからの「ものづくりの美学」のひとつ加わるといいなと、心から願っています。