エンジョイサポート!

オミクロン株の影響は、息子のラグビーの練習にも影響を及ぼしています。

今週予定していた他のスクールとの交流会は中止となり、当面の間はスクールの練習も見合わせるという方向で調整されています。


こんなときでも息子はまったく下を向く事はなく「じゃあ自主トレだ!」と、今日も朝から「お父さん!走るよ!」とたたき起こされました・・・。



母からは「良い脳の構造をしているね~!」と癖の強い褒め方をされては、凹む必要のない理由をドンドン挙げていました。


「ラグビーができていることに感謝する期間にすればいい!」

「ひとりでもできる練習はたくさんある!」

「文句を言ってもコロナはなくならないから、出来ることをやる!」

「ルールを勉強しよう!」


僕はこんな息子を誇りに思うととともに、「ラグビー選手」として、「ひとりの人」として、とても尊敬しています。


自主トレも、量をやればいいということではなく、短い時間で無理なく集中して、目的や成長した姿をイメージをしっかり持って取り組みます。


そして何よりめちゃくちゃ楽しみます◎

今しかない息子との貴重な時間を、僕はただただ楽しみたいと思っています!



このご時世では、中止というのは「想定内の出来事」と言えると思いますが、こども達が成長していく過程で、これからたくさんの「想定外の出来事」が起きる事でしょう。

そんなときでも、多角的に物事を捉えて乗り越えていく能力が必須となってくると思います。

段取り力、解決力、決断力、判断力、団結力、協調性、自主性、自己肯定感などなど。


息子がラグビーというスポーツを始めてから、僕も色々な人の話やたくさんの本を読んで、様々なことをラグビーから感じながら過ごしてきました。


ラグビーには、生きていくために必要なあらゆる要素が詰まっています。

そんなラグビーに魅せられて、自分の出来る事で協力出来たらと「スクールのHP」を制作して、スタッフとして関わりながら、2月からは自分のスポーツの経験を活かしてコーチとしてこども達と関わっていきます。



ラグビーを通して、こども達には「想定外の出来事」すら楽しむことができるような前向きな思考回路を共育、共進化の中で自然と伝わったらいいなぁと思っていて、子どもたちにはもちろん、ご家族にも「ラグビーに出会えてよかった!」「スクールに通わせて良かった!」と思ってもらえるような時間に繋がるように楽しんでいきたいと思っています。


エンジョイサポート始動です◎