シフォンケーキ

僕はいつも朝6時に起床して、夜のうちに水に浸しておいたお米を土鍋に入れて、火を付けます。

そして、一日分の「番茶」を作るのに薬缶に火をかけてから、身支度を整えます。

(かわしま屋さんが有機栽培されている「三年番茶」が、カフェインもほとんど入っていおらず、とても美味しいです◎)



子どもたちが起きてくるまで少し時間があるので、その時間を利用して「10時と3時のおやつ」のために「シフォンケーキ」を焼きます。


子どもたちが起きてきたら、目玉焼きとベーコンを焼いて、息子と一緒にたわいもない会話をしながら、朝ご飯をいただきます。


そのころ、妻は次女に授乳をしていて、長女は一緒に起きてきたり、そのまま寝ていたり:))



そんなこんなで今日のシフォンケーキがとってもきれいに焼けたのが、嬉しくて◎


薄力粉を「スーパーバイオレット」にしてから、さらにおいしくなってみんなパクパク食べてくれます。

近所のスーパーでは売っていなくて、ネットで。。。でも送料がもったいないと思ってなかなか踏み切れなかったので、最後にモールに入っている「カルディ」に行ってみたら・・・!


薄力粉を持って少しテンションが上がっているおっちゃんの姿に、妻がクスクス笑っていました。


さて、今日も一日ご安全に。