スイカの収穫

離れの畑に野菜たちを植えたとき、息子が「今年はスイカを育てて見たい!」と自らスイカの苗を購入して、毎日その成長を見守っていました。


暑い中、藤棚の下で絵日記に記しては、「雄花しかない!雌花が咲かない!」と毎朝こまめにチェックしていて、相変わらず好きなことにはまっすぐで、頑張っているなと感心◎



ある日、小さな実がなり、ひとつ、ふたつと増えていき、雨にも負けず順調に大きくなっていました。


「小玉スイカ」の苗なので、写真のようなかわいいスイカを無事に収穫!



中身も立派なスイカです!

畑の規模と、化学肥料を使わずに育てていたので、もしかすると数も少なく、大きさも小さめなのかなと思いますが、本人は大満足◎



妹と半分個にして、おいしくいただいていました!

僕も小さい方をいただきましたが、とても甘くて美味しかったです◎


息子の絵日記とデジカメにはたくさんのスイカの成長記録が残っています。

色々なことに興味を持って、それぞれに真剣に取り組むまじめな息子の姿は、いつも家族みんなを驚かせてくれます。


自分で考えて、自分で行動して、調べて、工夫して、自分でまとめる。

最後にはアドバイスを含めて、僕たちも一緒に考えますが、基本的には自主性を大切に◎


でも、放置とはまったく異なり、途中で背中を押してあげたり、手を差し伸べたり、共進化を楽しむことを、もっともっと大切にしています。


夏休みもあと少し、やれることは無限大!

目一杯楽しみたいと思います:)