ダイニングテーブルの木取り。

シェーカースタイルのダイニングテーブルの製作。


毎回、木取りには一番時間をかけます。

いや、自然とかかってしまうのかもしれません。



どの木目もとても素晴らしい木目。

その中から、「このご家族の雰囲気にピッタリの木目」を選んでいきます。


少し削っては様子を見て、また削っては様子を見ての繰り返し。


その人のためだけ、そのご家族のためだけの木を真剣に選んでいきます。



「木の家具」と一言でくくっても、中身はそれぞれ違いがあると思います。

同じ「木の家具」でも、個人工房として何ができるか、どんな想いを込めることができるか。

そんな想いも、これからもずっと大切にして、家具を製作できたらいいなと思っています。


外はひどい雨。

湿気との戦いも終わったと思ったけれど、全然終わっていなかった。。。


しっかりシーズニングして、コツコツと作業を進めていこうと思います。

©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com