テレビボードの木目。

今回、自分たちの家具も少し作ろうかなと思ってまとめて仕入れた楢材ですが、あまりにも魅力的すぎて、まったく回ってきそうにありません。



その理由は、自分たちの家具は木目の特徴がちょっと強すぎるとか、空間を喰ってしまうような木目を使うと決めているからです。


そのような木目は空間にどのような効果を出してくれるのか、生活の中でどのような動きをしていくのかなど、見るためでもありますし、子供達はその木目を見た時に「譲る精神」を伝えることができたらとも、密かに思っています。



素直な気持ちで美しいと思える木目たち。


今日が雨になると息子が教えてくれたので、昨日のうちにしっかり接ぎ合せて、固定しておきます。


様々な家具が少しずつ形になっていきます。

©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com