テレビボードの製作。

今回ご依頼いただいているテレビボードは留め加工。

カットした後は、仮組をして精度を確かめる。



置いた状態でもピタッとおさまり、良い感じ。

ひとまずホッとしたとことで、コーヒーをブレイク。


その後は、鉋をかけて、磨いて、本組み進んでいきます。



微調整を行いながら、クランプで組み終えてると、なんだか赤の持ち手が可愛くて。

神経を使う作業のあとに、こんな風景を目にするとホッとします。



テレビボードの脚の加工。

角材から八角形にして、旋盤でひとつひとつ手加工で丸く、そして絞っていく。

普段からスツールやテーブルの丸棒加工もしているけれど、こういう長さの加工はとても新鮮。



最後は扉の一回目の接ぎ合わせ。

短い板の接ぎ面は、長い板に比べて、接ぎ面を造るのが難しいとされている。

ああでもない、こうでもない!と言われていた修行時代を思い出しながら、今回も接ぎ面はしっかりできたので、スムーズに作業を進めることができた。



連日、夜遅くまでの作業が続いているけれど、とても心地よい気持ちで製作に臨むことができている。

これもお客様の温かい一言のおかげ。

それにしっかり応えたいと思っているので、最後までしっかりと気を引き締めて臨みたいと思います。


ちらっと工房に現れた息子の工作。

娘を上手に楽しませてくれる本当にやさしいお兄ちゃん。


明日はそんな息子の誕生日。

僕はしっかりやることをやってから、お祝いに駆け付ける。


大好きな息子の笑顔は最高の癒しです。



©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com