ハーフアームチェア

今年最後の「ハーフアームチェア」のお届けです。


先にお届けしたラウンドテーブルに合わせてご依頼いただき、たまたまのタイミングですがクリスマス前に、テーブルとチェアを揃えてお届けできて、ホッとしました。



今回は、何箇所も新しい工法でチャレンジしており、そして大きく変化したのは「笠木」。

製材の関係で、木の厚みによって仕入れができない厚みがでてきてしまい、「ひゃー!」っと悲鳴をあげましたが、ピンチはチャンスです。


縦には2枚から3枚に増やした分、横には3枚から2枚に減らして、歩留まりや工程、加工時間など細かい点で熟慮して製作に臨み、とても美しく、そして強度も確保したまま完成を迎えることができました。



座枠の取り方も新しい工法を取り入れて、より安全にそして早く正確な加工をすることができました。


見た目のバランスをそのままに、捨て巻きの本数増やして、ペーパーコードの張りを調整。

どこまで変化がでるかは、座り続けてわかることではありますが、ちょっとしたところでも色々とチャレンジしていけたら良いなと思っています。



ダイニングスペースでも、リラックスした時間を過ごしていただくためのハーフアームチェア。

これからも楽しい時間を共にしていただけたらと思います。


ありがとうございました◎