必ずつける印。

「角のみ」と言われる機械で、四角い穴を開ける工程の際に必ずつける印があります。

このシンプルな斜線です。



穴を開ける位置を間違えないように、そして忘れないようにとつけています。

そんな単純な作業の積み重ねが、家具を形成する大切な土台となっているのです。



一発勝負の穴開け加工。

明かりを灯して、慎重にそして大胆に!


あっという間に週末がやってきました。

僕はまたコツコツと作業を進めていく予定です。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com