真鍮の化粧ボルト。

シェーカースタイルのダイニングテーブルに使われる「真鍮の化粧ボルト」は特注です。

ヘッドの大きさも、溝も、長さも、ネジが切ってある部分も。



とても綺麗なのでお届けいただくたびに、すごいなぁ・・・と感動してしまいます。


取り付ける前には、「ピカール」で磨いて、さらに光沢を出してからお届けとなります。


真鍮のいいところは「木と同じく経年して変化する」というところ。


よく使われる「経年変化」という言葉。

シンプルに「人間」と一緒。

生まれてから、少しずつ経験を積んで、歳をとって、心身ともに変化していく。

だから、同じように「変化するモノ」に自然と共感して愛着が湧くのでしょう。


ずっと変化せずそのままの姿をキープし続けるモノに関して、感心しながらも、どこか違和感を感じたり、味気なさを感じてしまうのは、どこか寄り添えない感覚があるからなのかもしれません。


お届けまで後少し。




©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com