"主人の本棚(実家編)"。


妻です。

主人の実家に遊びに行き、部屋の本棚を覗き込む。

本棚には、その人の好みや思考など、人となりが伺えて面白いですね。

今の家具職人になるまでに、様々なものに興味を持ち、様々なことをしてきた主人のこれまでの人生が詰まってました。

騎手を夢見た頃、

ピアズリーに心惹かれてイギリス留学した学生時代、

音楽に夢中になっているやんちゃ時代、

インテリアをずっと好きで居続けていること、

野菜ソムリエの資格を取り、数が月野菜を作り売っていた時期、

田舎・農民暮らしに憧れていること、、、、今もですか?(不安)

そして、彼の原点でもある“寛之”という名前の由来となった

五木寛之さんの書物がずらり。

主人と出会って、まだ2年半。

彼のこれまでの人生、知らないことの方が多いのだけれど、

少しは覗き込めたのかな。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com