"ぐずり箱"。


妻です。

息子はいつも夜1回起きる程度ですが、寝付く際には多少ぐずります。

ベッドの枕元の出窓には、そんなぐずり対策グッズが散らかり最近気になっていました。

そこですっきり収納できるように小さな紙の箱を作りました。

作り方は、折り紙で子どもの頃作った“箱”そのものです。

紙でアレンジすれば大人向けになるかなと思い、今回は小柄の入ったものと透け感のある紙を選びました。

手づくり感いっぱいですが、出窓にもしっくり落ち着きました。

肝心の中身ですが、黒い小さな箱にはおしゃぶり。

そして、こちらの大きい方には“アルファベットチョコレート”の包み紙です。

ゴミじゃないんです!

大事なぐずり対策グッズなんです!

このカシャカシャする音が、息子には心地よいみたい。

でも、早くこの包み紙からは卒業できる日がくるといいね。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com