"直すという選択"。


寝ながら握りしめているのは、レストランのおまけでもらった"車のおもちゃ"。 袋から開けたと同時に、壊れてしまったのを覚えています。

その車を見て、おじいちゃんが"お家で直してあげるよ。"と。 それ以来、この車を"おじいちゃんが直してくれた車"と教えてくれる息子。 あのとき、"交換してもらいなさい"、"捨ててしまいなさい"、ではなく、"直してあげる。"と言ってくれた両親には、心から感動し、感謝しています。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com