"ウッドチップ"。


木の家具を作ると、必ず出てくるのが"ウッドチップ"。

以前から、"捨てる"、"燃やす"は勿体ないと思っていながら、なかなか良い活用方法にたどり着く事が

できていませんでした。

広葉樹のウッドチップは、土壌改良に適していて、保温性、保水性にも優れています。

僕の畑にも使用していますが、家庭菜園では、需要と供給のバランスが保てません。

なんとか活用したい・・・と思い続けていたところに届いた1通のメール。

愛西市でブルーベリー農家をされていて、現在イタリアで開催されている"ミラノ万博"への出演も決まっている

"トランスファーマー"の平野さん。

ウッドチップの事ではなく、以前ご一緒させていただいたイベントのことで、ご連絡をいただいたのですが、

僕は勝手に"ビビビっ"と来て、お話しさせていただきました。

定期的に欲しいとまで言ってくださり、ホントに嬉しい!

"ウッドチップ"を、"家具"と同じ意識を持ち、"納品"、"お届け"と表現していこう。

ありがとうございます:)


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com