"よみがえる。"


大きな木をブンブン振り回しながら"木取り"をして、差し金の細かいメモリで"墨付け"をして、機械の微調整をしながら"加工"して、鉋の刃を研いで"仕上げ"をする。

そんな基本的な作業を進めていくうちに"クタクタ"になる。

でも、オイルを塗ったとき、その輝きがすべての"疲れ"を"喜び"に変えてくれる。

この瞬間は、いつだって"よみがえる"。

きっと"家具職人あるある"だと思う。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com