"ウォールナットの家具たち"。


先月の終わりに完成した"ウォールナットの家具たち"。

7月末にご注文をいただいてから、ひたすら図面と向き合い、様々な段取りを組んで、ひたすら製作に打ち込んきました。

工房を埋め尽くすウォールナットの板から、色味や木目を見ながらの"木取り"。

このスタートの写真を見ると、感慨深いです。

工房で加工している時は、ありとあらゆるコトに集中。

休憩のときにはいつも人(お客さん)の習慣を想像。

改善案が出て来たときは、思い切って連絡するときもあり。

一人ではどうしても動かせない時には妻にお手伝いを依頼して動かしますが、基本的には一人でどうやって動かせるかを考えながら、組み立てたり、配置換えをしていき、次の段取りへと進んで行きます。

ブックボード、サイドボート、デスクの天板とデスクワゴン、そしてCDラック。

高さは720mmのラインで統一、L字型に連結して。

まだまだ未熟な僕に、こうしたご依頼をしてくださったお客様には、感謝の気持ちでいっぱいです。

今回の家具にウォールナットという素材を選ばれた理由も、素敵だったなぁ。

もっと色々とお話ししたかったのですが、職人になると口べたになってしまうのか・・・しっかりしないと。

次にお届けするのは"ダイニングテーブル"と"チェア"。

頑張ります。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com