"壊れる"。


"壊れる"とはいいタイミングで訪れて、大切なことを思い出させてくれるもの。

大切なパソコンが壊れて修理が必要となり、続いて"インパクトドライバー"までも調子を崩す始末。

僕が岐阜に来てから、ずっと使っているパソコンなので、とても愛着があり、どうしても新しいものを買う気になれず、修理に出すことを決めて、先日、無事に戻ってきました。

"HDD"から"SSD"に換えてもらい、中身も"からっぽ"になったので、動きがかなりスムーズで、快適極まりない。

インパクトドライバーはマキタのモノに新調。

調子の悪い方は、離れのリノベーション用に使っていくことに。

使えることが当たり前のように感じてしまい、大切なことを忘れている頃に、"壊れる"が訪れてくれる。

そして、色々と思い出せてくれる。

マイナスのイメージがあるけれど、捉え方によって、一番大切なことのような気がします。

"壊れるという限界"がなかったら、人はとんでもないことになっちゃうんだろうな。

それなりのお金はかかってしまったけど、そんなことよりずっと尊くて、大切なことを思い出せてくれたことと、こうしてまた、自分の気持ちを綴ることができることにも感謝しています。

道具たちよ。いつもありがとう。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com