"空間と習慣"。


玄関、廊下、食卓、居間、寝室、客室、洗面、浴室などなど・・・。

きっとそれぞれの空間にはそれぞれ役割がある。

ゆったりと姿勢を崩せる"リビングルーム"があるのであれば、"アームチェア"ではなく、軽く姿勢が崩せる椅子がちょうどいい気がする。

それができる笠木の大きさ、高さを何度も考える。

それぞれの空間を最大限に活かせて、習慣に寄り添う道具になってほしい。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com