"差"。


"切れる。"と"正確に切れる。"

"使える。"と"ちゃんと使える"。

この差が完成した時に"雲泥の差"になる気がする。

そして、"ちゃんとなんて、できやしない。必要ない。"と思いながら"できたモノ"より、"ちゃんとやろう。頑張ろう。"と思って"できなかったモノ"のほうが、明らかに輝いているという不思議。

子供が作ったモノがそれであり、"偶然の美"は"言い訳"ではなく、"一生懸命"から生まれてると思う。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com