"pelican chair"。


先日、妻の会社のスタッフが自宅に遊びに来てくれて、一緒に食事をしながら、ちょっとしたプライベートのことや、音楽の話など、ありがたく心地良い時間をいただきました。

僕がいると少し違った緊張感があったかもしれないが、ふたりの"コミュニケーション力"には感心するばかりで、

一緒に遊んでもらった息子も、本当に楽しそうでした:)

そんな時間の中、スタッフの子がとても上手に"ペリカンチェア"に座ってくれていたことが、印象に残っています。

名作チェアとなると価格やデザインに身構えがちだけれど、椅子の原点は"何かをするための座る道具"であり、この椅子の場合は"好きな姿勢でリラックスするため"の椅子。

道具として座ってもらっている方が、僕の目にはイキイキと輝いて映るわけです。

我が家の中での"ペリカンマスター"は、僕でも妻でもなく、やはり息子。

きっと一番の仲良し。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com