"明確"。


憧れの家具職人とか建築家とかはたくさんいるので、なかなかひとりに絞ることができないし、これから仕事を続けていく上で、色々と変わってきそうな雰囲気もあります。

だけど、憧れの写真家はすぐに思い浮かびます。

そして、これは仕事ではないので、大きな好みの変化はないのかもしれない・・・なんてことも思ったりもします。

その人が撮る"写真"が好きですし、あんな"人"になれたらなぁとも思います。

写真を撮ることに"使命感"を抱いくことはないので、明確に"楽しい"と言える気がします。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com