"stool"。


ナラ材にブラックのペーパーコードを巻いて、スツールが完成しました。

僕が尊敬するたくさんの名作椅子の名脇役になれるようにと一切の装飾はなしのシンプルな形です。

今年も本当に色々な方にご依頼いただきまして、たくさんの名作椅子の隣に置かせていただきました。

一番の特徴は何と言っても"軽い"。ということです。

配送業者さんに梱包した箱を手渡しすると、"中身入ってますよね?"と言われてしまうほど軽い仕上がりになっています。ただ、こんなことを言われると、自分でも"ちゃんと入れたよな?"と不安になりますが・・・。

玄関に置いておきながら、お客さんが来たらダイニングにセッティングしたり、ソファやイージーチェアのオットマンにしてみたり、用途は自由ですが、スツールは持ち運ぶことはもちろん、以外と座っている時間も長いのです。

ペーパーコードの座り心地は、その座っている時間を柔らかく支えてくれます。

このスツールは、ひとりで家具を作るようになって、作業スペースも大きな機械もなく、材料すら限られていてときに考えてできたスツールです。

このスツールを作っていると、当たり前のような日々の暮らしの中で、忘れてしまいそうな大切な事を思い出させてくれる時間でもあります。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com