"chair"。


今週お届け予定の椅子の製作を無事に終えることができました。

ペーパーコードを編み続けること4脚。

良い張り具合いにすることができて、大変満足していますが、手がパンパンです。

手の張りが収まってからは、カップボード、テーブル、ボードの製作に移ります。

木の仕入れは、ありがたいことにいい出会いがたくさんあり、その後、木取りの寸法が書かれたノートをぺらぺらめくりながら、3m以上ある材料をブンブン振り回して、怒涛の木取りを終えました。

"怒涛"というと大袈裟かもしれませんが、ひとりで作業をしていると、そんな感覚があります。

必要以上にストックを持たないのが基本スタイルですが、今回は素敵な木目に惹かれてしまい、少し多めに購入してしまったのですが、それはきっと何かのタイミングだったのでしょう・・・すぐに行き先が決まりました。

僕自身の材料を見る目なんてまだまだで、これからもっと勉強していく必要があるわけですが、その都度の全力で選んでいるので、こういうタイミングでご依頼いただけると、その努力が報われている気がします。

木取りの作業中、時期的なものと、年のせいもあり、手は乾燥しきっていて、材料がまったく手につきません。

そんな状態の手でも、木目や仕上がりの微妙な差を触り逃さないように、そして何より怪我をしないようにとにかく神経を使うので、作業を終える頃にはヘトヘトです。

とはいえ、最近は暖かい日が続き、体のエンジンもかかりやすくなり、回復も早くなりますので、しっかりと製作を進めていきたいと思います。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com