"3、4、5"


3才のときは並べるだけだった"カプラ"。

"恐竜の大移動を手伝ってあげようか?"という口実で、カプラを引きずり出してみました。

すると、設計プランを説明してくれながら、どんどん作り上げていくではありませんか。。。

もはや手出し無用、、、お手伝いも拒否されるほど、夢中になっていて、作り上げた後は"疲れた〜"と倒れこんでました。

作るものは主に"恐竜がらみ"のものばかりで、映画"ジュラシックワールド"の"翼竜ドーム"もなかなかの発想で作り上げます。

映画のシーンをそのまま再現するので、この後は恐竜によってドームがものズゴイ勢いで崩されます。

作り上げるのは慎重に丁寧に、そして時間がかかりますが、壊すのは大胆に激しく、そして一瞬です。

崩れた後の床を見ていると、激しい傷が付いていて、思わず二人で笑ってしまいました!

3才と4才ではこんなにも集中力や発想力が違うのかと、ただただ驚く今日この頃です。

もうすぐ5才、またどんな成長を見せてくれるのか、とても楽しみです。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com