"チェア & テーブル"。


今朝はとても涼しくて、清々しい天気でした。

そんな天気とは裏腹に、イベントの準備や製作、打ち合わせ、そして家のことと地味にバタバタしていているわけですが、淡々と日記だけは記していけたらと思っています。

"素朴なテーブル"の脚組み。

とても素朴なスタイル、、、アームチェアも収まるように幕板が薄くなっていて、脚と脚の間を少しでも広く取るために45mmまで細くしています。

50mmまで調整したのですが、まだちょっと太い気がして、そこからは1mmずつ様子を見ながら調整していきました。

装飾よりも機能美への意識があり、何のための道具であるのかという根本により関心があります。

きっと僕は"シェーカータイプ"です。

脚も笠木も直線的な"standard chair ~type ladders~"にオイルを塗りました。

ペーパーコードが入荷待ちのため、現在座っている試作の椅子の座面を解いて、再利用しないと足りそうにありません。。。

ペーパーコードを巻いてからの座り心地がとても楽しみです。

"standard chair"のタイプとして、シェーカー、ラダー、ストライプ、スピンドルを試作していく予定です。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com