"シューズボックス"。


今日は朝から歯医者に行ったのですが、"予約は明日ですよ。"と言われてしまいました。

でも、ご好意でそのまま治療していただき、感謝です。。。

イベントが終わり、これから新しい製作がスタートするのですが、その前に妻の出産の準備にあれが必要これが必要と思い出しながら、調べながら、アドバイスをもらいながらバタバタと追われています。

息子の送り迎えに加えて、妻の送り迎えもしたり、その合間で図面を描いたり経理をしたり、材料を仕入れたり。

でも、こんなドタバタはとてもありがたいことで、愛おしく楽しいです。

午後からは"シューズボックス"の打ち合わせにお邪魔してきました。

当初はポリメラで製作予定だったのですが、僕の工房にはフラッシュ家具を製作できる機械がないので、

歩留まりの悪いサイズの製作になると、材料が増えてしまい価格も上がってしまいます。

"もう製作していいよ!"と言ってくださっていたのですが、さすがに予算が合わなそうだったので、そのご相談に伺ったというわけです。

代わりの案も色々あったのですが、最終的に"ウォールナット材"で製作させていただくことになりました。

"シューズボックス"で"ウォールナット材"というと、真っ先に思い出すのが"小牧のシューズボックス"です。

どうやって一人で製作したのかあまり記憶にないのですが長さが"3M"あり、扉のクリアランスもギリギリにせめて、製作したのは覚えています。

今回もしっかりデザインを考えて、製作させていただきます。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com