"スツール & サイドテーブル"。


今日は木屑まみれになって、木取りをしていました。

マスクも、メガネも、そしてイヤーマフも絶対に欠かせません。

ときにはグローブをつけて、ときには外して。

作業や、使う機械によっても装備する道具も細かく分かれています。

たまに面倒になりますが、大切なことです。

子供用の家具を作っているといつも思うのは、子供に何かを伝えたいと思うのであれば、大人が先に変わらなければならないと言うことです。

モノを大事にしてほしいとか、やさしさを大切にしてほしいとか、子供たちに理想を抱くのであれば、その理想の姿に大人たちがなっていること、なろうとしていることが大切で、大人たちができていれば、きっと自然と子供たちもできるようになっていると思います。

大人たちの間でも同じことが言えて、相手は変わらないし、変えることはできません。

自分が変わらないと相手は変わらないし、自分が変わった方が早い。

特に何かがあったわけではありません:)

妻と予定を確認するときに、いつもお互い手帳を開くのですが、そこに走り書きしてあるメモを見て、"真面目だね〜:)"と笑うほど、いつもこんなことばかり考えています。

子供の姿がいつも自分の姿勢を正してくれます。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com