"下駄箱"。


リフォームがスタートしたころにお話をいただいた下駄箱をお届けしました。

"外はウォールナットで、中は黒くしてほしい。シュッとした感じで、予算も抑えたい。"など、外観や内装の壁の色、玄関周りのタイルなどと合わせてご希望がありました。

玄関周りなので、扉を突き板にして動きに備えますが、手が触れる部分は無垢材で。

取手を付けないデザインでシュッとしたフラット面と、限られた玄関スペースで取手に引っかかったりせず気持ちよく出かけられるように。

扉に指がかけやすいように、天板も同じ角度で面取りしています。

様々なご要望に応えるべく、無垢や突き板、ポリ板や塗装などを駆使してご希望を形にすることができ、様々なことにチェレンジさせてくれて、見守ってくださったお客様には感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、お客さんのご要望に答えられるように技術を備えておくことができたのは、やはり師匠のおかげです。

直接言うと嫌がられそうですが、これからもこの気持ちを忘れることはありません。

お届け先へは、義父のトラックをお借りして。

材料の仕入れも、荷台に乗せることができるならお届けも。

雨の日はパスだけど、とっても助かっています。

ありがとうございました。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com