工房移転完了。


すっかりご報告が遅れてしまいましたが、12月23日に工房の引っ越しが完了しました。

製作しながらのスケジュールでしたが、みなさんのご協力のおかげで、動力機械の移動は半日で終わり、材料や作業台、手道具などの移動も滞りなく運び終えました。

移った工房はすでに"動力"が引いてあるので、いつもお世話になっている電機屋さんに相談しながら配線工事をしていただき、こちらもあっという間に完了しました。

これから少しずつ工房を整理しながら、展示スペースの壁を信頼している大工さんに建ててもらって、二階の休憩室も綺麗にしていきます。

前の工房を貸してくれていた森医院の先生やご近所の方々にもお礼をしようとお邪魔すると、逆に色々と温かいお言葉やいただきものをたくさんいただきまして、本当に素敵なご縁に恵まれたと思っています。

前の工房を借りたときに、"ここは3年だな。"と決めたタイミングがありました。

それからちょうど3年が経ったころ、ふと義父から工房シェアのお話をいただきました。

70歳になるタイミングで、仕事をペースダウンしていこうというなかで、すこし広すぎる工場と事務所。

僕が他のところを借りるくらいなら、30年以上お付き合いのあるこの場所を一緒に使わないか?ということでした。

義父が独立して、この工場で頑張り続けて約30年。

歴史の重みを感じます。

会社の規模は問わず、30年も続けられるということが、どれほどすごいことか・・・。

大きな義父の会社の看板。

"これも外さないかんな!"と言ってくれましたが、それはお断りしました。

まだたくさんのお客さんがこの看板を目印に、来店されるからというのはもちろんですが、看板を外してもらって、外観、内装のすべてを自分たちの色に染めるということは、そもそもしたくありませんでした。

なぜなら、大切にしたいのは表面的に色々いじることではなく、内面をしっかり磨き上げることだと思っているからです。

なので、ルークの看板は入り口のシャッターの上あたりか、どこかに新しく設置する予定です。

これからも家族や、支えてくれる仲間に感謝の気持ちをしっかり持ち、コツコツと精進して行きますので、

どうぞよろしくお願いいたします。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com