真鍮の仕事


土日と大雨が続いて、木曽川の水位もかなり増え、正直かなり焦っていました。

何があってもいいように、常にニュースを見ながら、定点カメラで川の様子を見て、どういう対策を取れば良いのかを探っていました・・・とはいえ、息子の恐怖心をあおらないように、基本的は楽しく過ごすように努めていました。

大きな被害が出てしまった地域の方々には、少しでも早く日常が戻りますよう、復旧を願っています。

そして、心はゆっくりと、落ち着きを取り戻していただけたらと思います。

僕は、普通に仕事をしなければならなかったのですが、どうしても家族のそばに居たかったので、土日ともにお休みをいただきました。

こんなこともあろうかと、前の週にリビングボードもテーブルもしっかり完成させていてよかったです。

真鍮の取手をお願いしている金物屋さんからも、無事に届きました。

いつもながら、とても正確で、綺麗な仕上がりです。

2年ほど前のこと。

この取手を担当してくださっている職人さんが体調を崩されて、納期が遅くなるというご連絡をいただいたことがありました。

そして、どうかお体を大事にしてほしいということを、繰り返しお伝えしたことを覚えています。

こうして、お元気になられて、また綺麗な取手を製作してくださっていることに、とても感謝してします。

本当に、いつ何が起きるかなんてわかりません。

なので、どんなに嫌なことが重なった一日でも、どんなにイライラしちゃった一日でも、ふと冷静になって笑顔で、過ごすことができたらいいなと、いつも思っています。

昔、曽我部恵一さんの"なにもかもがうまくいかない日の歌"という歌を聴きながら、気持ちを落ち着かせていた日々を思い出します。

また今週も日々感謝して、頑張ります!


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com