君の名は。


今日も図面や資料製作に集中して取り組んでいました。

外の気温は40度を越える勢いで、ただただ恐怖でしかありません。

昨夜、ふと目をさますと、深夜にかかわらずテレビの前で体操座りをして、とある映画を見入っている妻の姿がありました。

観ていた映画の名は『君の名は』です。

以前テレビ放送されていたものを録画していたのですが、『もう少ししたら観ようかな。』と言いながら、だいぶ時間が経っていました。ですがついにその封を切ったらしいのです・・・が、ハマりすぎ。

少し観察していると、エンドロールが終わった後、何かを確認するかのように、最初から見直し始めたではありませんか。・・・その姿が面白くて笑いを堪えるのに、必死でした。

翌朝、その姿を見ていたと伝えると、ものすごく恥ずかしそうに『え~!』と言いながら、色々言い訳をしてきました(笑)。

この映画は、ストーリーの中で隕石が落ちてくる映画。

現実にはなかなか起きないかもしれませんが、本当に何がおきてもおかしくないのが、現実だと思っています。

宮城県出身の僕にとっては、今あるありがたい日常生活が、ふいにひっくり返ることはありえると、自然に、そして常に想定してしまっているとともに、日常生活の様々な当たり前のことや家族の存在に対して、心底感謝しているといつも言っていることも、決して大げさなことではないのです。

すべてポジティブに解決していく映画の主人公のようにとはいきませんが、大変な時こそ楽しさを見つけることができるようにと努めて、これからも日々強い生活を意識して頑張ります!

明日も38度という天気予報、、、。


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com