ウォールナットのテーブル。


ウォールナット材のダイニングテーブルが、無事に完成しました。

家具を販売していた時からノックダウン式のテーブルには、とても縁があったのですが、自分で製作したのは、はじめてなので、そう言った点ではとても新鮮でした。

作ってみて改めて、シンプルだけど色々と考えられたすごい構造だなと感心したとの、やはり"家具学"における金具の進歩はすごいなと、こちらも同じく感心していました。

天板の面取りは"かまぼこ面"というデザインで仕上げており、脚の形状とともに、お子様にもやさしい丸みを帯びていて、安心してテーブル周りで遊んでいただけます。

家具の仕上げのオイル仕上げは、いつも妻がやってくれています。

年に一回か二回のメンテナンスも、写真のように、ウエスにオイルをつけて、塗ってください。

木の家具はメンテナンスが大変というイメージがあると思います。

確かにこれだけ世の中にメンテナンスフリーなどというワードが広がっている現代では、木の家具のメンテナンスは大変な部類に入るのかもしれません。

でも、やってみていただきたいです。

テーブルに愛着が湧くのはもちろん、作業をしているときは家族とのコミュニケーションも取れて、とても楽しいです。

車の洗車よりも、ずーっと楽です:)

今回もオーダー家具のメリットを最大限に活かしていただいたテーブルとなり、今週末のお届けがとても楽しみです!


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com