脚組み。

旋盤で丸くした脚に胴付きの加工して、ペーパーでさすって仕上げます。


このテーブルは脚が四方に転んでいるので、幕板との固定は”駒留め”を使います。

そのための溝を幕板に掘って、いよいよ組み上げです。



あちらこちらの角度の確認が必要なので、慎重に組み上げていきます。


斜めになっていないか、ねじれていないか、胴付きで接合面が隠れるので、ピッタリついているかサイズを確認、、、などなど。


無事に組むことが出来て、ホッと一休み。

明日、二回目を組み上げて、隅木を付けて完成となります。



テーブル面のテーパーも鉋で仕上がったので、いよいよ明日でテーブルは完成の予感。


次はテレビボードとブックボードの工程をまたコツコツと進めていきます。





©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com