October 25, 2019

September 19, 2019

Please reload

"板と板"。

2016/03/06

板と板を接いで"天板"をつくります。

 

木目を合わせていると"天板を見ると何を考えて作っているかがわかる。"という師匠の言葉を思い出されて、勝手に背筋が伸びる思いをしています。

 

 

板の幅、木目、木目の方向・・・正解は無いかもしれないけれど、正解と思えるものに近づけるように、木目を考える作業には、結構な時間がかかります。

 

気にしなければ、伝えなければ、それで良いことかもしれないけど、シンプルに"大切なコト"だと思うから、それでいいとは思えない。

 

職人にとって大切なコトではなく、木にとって大切なコトだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

・愛知県一宮市平島1-22-22 

・080-5511-0809 

・pelican2255@gmail.com 

©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​