October 25, 2019

September 19, 2019

Please reload

"木"。

2018/06/13

いつも作業が終わると近くの自動販売機で"上島珈琲"のミルクコーヒーを買って来て、飲みながら日記を書きます。

 

 

今日はテーブルを製作しながら、昔のことを思い出していました。

 

それは、東京のど真ん中で、木の家具を販売していたとき、"子供が大きくなったら、買いに来ます。"とおっしゃる方が多く、当時の僕は"そうだよな〜、傷が直せるとはいえ、気になるよな〜。"と内心では同調していたことです。

 

でも、今自分が家族に囲まれて、子供たちと接していて思うことは"今しか傷を付けてくれるチャンスがない!"ということです。

 

価格や作り手の想いなどを考えずに、思い切って使ってくれる今が、たくさんの思い出を残してくれる時期なのかもと。

 

木の家具のメリットは、"自分たちでも直せて、使い続けることができること"だと思います。

 

凹ませてしまったら、濡れた布を置いて、アイロンを当てれば治るし、傷が付いたら紙やすりでこすることもできます。

 

そして、どうしても治らない傷は思い出として残ります。

 

自分が使っているテーブルに残っている、息子が豪快に付けてくれた傷を見て、"みっともない。"と思うことはなく、そのときの情景を思い出します。

 

自分たちのため、家族のための家具。

10年以上考え続けて来たことに、やっと自分なりの答えを見つけることができた気がします。

 

Please reload

©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

・愛知県一宮市平島1-22-22 

・080-5511-0809 

・pelican2255@gmail.com