「できる工程」

ここ二日間で一気に12月らしくなりました。


工房でも、作業工程を工夫する必要があり、できる工程を優先的に進めています。

まずは、ウォールナット材のシェーカーテーブルの脚を組み合わせていきます。



天板と脚とでは、使うボンドの種類が違い、天板には耐水性のあるボンドを使用しています。

脚に使用するボンドは工房が寒くても、しっかりと硬化してくれるので、作業も進めやすく、こういったときには優先的に固定して限りあるクランプを、程よく回していきます。



そして天板の接ぎ準備を終えてから、先日天板を先に仕上げたラウンドテーブルの脚の木取りを。(この寒さとクランプの数を考えると、天板を先に仕上げておいて本当によかったです。)


そして、もう一台ご依頼いただいている「チェリー材」の「シェーカーテーブル」の木取りも進めていきます。


本家のシェーカースタイルに敬意を払いながら、妻と一緒に色々な角度で考えたテーブルなので、こうしてご依頼いただけることが、とっても嬉しいです。

本当にありがとうございます。


来年もまた、この「シェーカースタイル」のテーブルをご依頼いただいているので、引き続き気を引き締めて頑張りたいと思います。


とはいえ、もちろんまずは目の前の製作にしっかりと想いを込めて、またコツコツ頑張ります。