「ソファの本組み」

今日は久しぶりの雨です。


息子は6時間授業がはじまり、娘は「慣らし保育」が終わって、いよいよ給食とお昼寝を兼ねた園生活がはじまります。


みんなそれぞれの新しい生活を頑張っているので、僕たちもしっかりサポートしながら、製作にも集中していきたい日々です。


工房ではローソファの本組みへ。



「組む」と一言で言っても、ボンドのオープンタイムもあるので、全部一気に組み上げることは難しく、まずは柱たちと座枠を組み、そのあとに背板、アーム枠、そして台輪にくっつけるという順番で作業の段取りを整えました。


一つ一つの精度を確認しながらコツコツと。

時間はかかりますが、一番落ち着いて進めることができる方法を選んでいきます。




接着するまでの時間を、次にご依頼いただいている"子ども椅子"と"ハーフアームチェア"の木取り、そしてカップボードの図面を妻と打ち合わせ。


そんなお昼休み、現像が仕上がったフィルム写真が兵庫のラボさんから届きました。



思い出深い記念の写真がいっぱいあり、そこには桜もたくさん写っていたので「桜が二回咲いたみたいだね。」と、みんなで心踊らせていました。


また一度肩の力を抜きつつ、落ち着いて製作に臨みたいと思います◎