「園児スペース」

今日から6月。


我が家での5月はイベント盛り沢山で、ステイホームしながらもしっかり家族との時間を楽しむことができました。


さて、キッズスペースのリノベーションの続きです◎


「キッズスペースをリノベーションしよう!」と決めたそもそもきっかけは、長女が子ども園に通い始めることでした。


以前は、ここにプラスチック収納ケースがあり、息子の着替えが収納されていて、その上がランドセル置きに、そしてランドセルの隣にレターケースがあるという、息子のスペースになっていました。



右側に「児童スペース」を設けたことで、ここは長女と次女の「園児スペース」となります。


壁から少しはみ出していたプラスチックの収納ケースを外して、桐の引出しとナラ材の無垢板の鏡板を取り付けて、造作収納に変えていきます。


スライドレールを取り付けるために、左右に妻板を取り付けて、引出しが床に干渉しないように「15㎜」上げて引出しを設置します。



写真のように無事に引出しを取り付けることが出来ました◎

プラスチックケースは中身が増えると、引き出すのが大変ですが、今回取り付けたスライドレールは、たくさん着替えを入れても、スムーズに引き出せて女の子にも安心です!


あとは「調質効果」。

プラスチックの引出しには、あまり通気性に期待できないけれど、「調質効果」のある桐の引出しにすることで、シーズン通して服を気持ちよく保管できます。



楢の鏡板を取り付けて、取手には真鍮の優しい半円の取手を。

この取手は、以前キッチンカウンターを製作させていただいたお客様に、教えて頂いた取手を、早速採用させていただきました。



ランドセルを収納していた2段目の棚には、ステンレスのパイプを付けて「オープンクローゼット」にします。


隠す収納ではなく「見える収納」にすることで、「自分で掛けたい、仕舞いたい、整えたい!」という気持ちを、大人たちが見守って、いつでも褒めることが出来るようにしたいと話し合いました。



オープンクローゼットの中には、女の子の「身だしなみを整えたい」というご要望に応えて、スタンドミラーを設けて◎

(昔、製作したミラーをそのままです笑)


その上の段にある息子の「レゴコーナー」は、オープンのままにして、これから園児たちの「作品展示コーナー」に変わります。


あとは、最上段の扉を取り付けて、この「キッズスペース」は完成です◎


さぁ、今月もまたコツコツと製作に励みたいと思います!