「木目合わせ」

ダイニングテーブルの木目を決めていく工程です。


今回のチェリー材にはどんな想いを込めることが出来るのか、一枚一枚”杢目”や”向き”を決めていきます。



シェーカースタイルの脚が接する箇所と、そうでない箇所を計算して、天板がどちらに反ってもなるべく脚には干渉しないように、板の幅も考えて木取りと木目合わせをしていきます。


この作業を行う前には、いつも「コーヒー」を飲みます。

始業の前の一杯と、木目合わせがあるときはその前、そうでないときは3時のおやつの時に。


集中力が欲しい時にはコーヒーで刺激を。

それ以外のときはいつも朝に煎れる「番茶」で落ち着きを。


明日もまたコツコツと頑張ります。

©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com