「CARLの鉛筆削り」

その削り易さが手放せなくなる「CARL」の鉛筆削りです。


本体の大きさも重さも、裏の滑り止めも程よくて、そして一番大切な「刃物」も切れ味が良くてとっても削り易いのです。



息子もワンサイズ大きいものを使っていて、「自分も使いたい!削りたい!」と取り出すようになり、扱いづらそうにしながらも必死に削る姿をみて、ピンクや赤が大好きな娘のために、こちらを新しく購入しました。



毎日のように塗り絵を楽しんでいて、愛用しているたくさんの色鉛筆を、それはすごい集中力で全部きれいに削っていました。



子ども達に「使いにくい道具」を与えて、自分で使いやすくなるように工夫してもらうのがいいときと、「使いやすい道具」を与えて、まずは楽しく好きになってもらうときの両方を、しっかり見極めて、子どもの気持ちを大切にしていけたらいいなと思っています。