オイル仕上げ。

僕がボードの製作を進めている間に、妻が完成しているテーブルにオイルを塗布します。

前回は妻がめまいの日だったのですが、今日はいつも通り絶好調だったので、お願いしました。



傷や磨き足りない部分などはないかどうか、妻が最後にチェックしてくれます。

工房から展示スペースに移動すると、光が違います。

どんなに気を付けていても、小さな傷など光の加減で見落としているときもあるので、この過程はとても助かっています。


天板のオイルを塗布し終えたところで、娘が眠いと駄々をこね始めたので、ちょっとドライブに。



そんなこんなで、バタバタしながらも、無事に脚も仕上げ終えてくれました。


僕は正寸留め加工のカットを。

正寸カットはやり直しがきかないので、慎重に丁寧に。


明日はいよいよ組立がスタートします。

©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com