背もたれ(笠木)

僕は笠木という表現を使いますが、妻は背もたれと言います。

そんな背もたれの加工を進めています。


55mmの分厚い木をガッチリと組み合わせていくのですが「木口接着」となるので、ボンドも多めに「かんざし」もしっかり入れていきます。


この「かんざし」がきつすぎると、まったく締め込むことができなくなるし、緩すぎるとまったく意味がなくなってしまうので、「いい加減」のところを探しながら調整していきます。



チェアの本組みは無事に終わり、明日はクランプを外して、あて木の跡や小さな傷などを確認しながら「さすり仕上げ」を行なっていきます。



今日は驚いたことに、あれほどボンドを使っているときは集中しているからね!と言っているのにも関わらず、あろうことか「本組み」の最中に妻が話しかけてきました。。。


そんなときは僕たちが大好きな映画「プラダを着た悪魔」で、メリル・ストリープ演じる"ミランダ"の「呆れ顔」の真似をして"アンガーマネジメント"を楽しんでいます。


僕の"アンガーマネジメント"の大半はこの"ミランダ"の真似です笑。

あとは"ジブリシリーズ"です。


さて、明日もしっかりと頑張ります。

©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com