1800×900の"ダイニングテーブル"。 

大阪の建築士さんからご依頼いただいた、天板に40度のアングルを加えてシャープな印象を与えたダイニングテーブルが完成しました。



45度であれば、機械で加工することができるのですが、木端は人の手が触れるところなので、こうしてカンナで仕上げることができて、作り手としても嬉しいデザインとなりました。


本来なら、直接お届けしたいところですが、こんなご時世なので、万が一にもご迷惑がかからないように、今回もお届けは配送業者さんにお願いしております。



お届けまであと少し。

詳細はまたお届け後に記したいと思います!