"絵付け会"。


犬山市に仏師として工房を構える辻さん。

奥さんが彩色師としてサポートされており、"千成ひょうたん"に"マトリョーシカ"の柄を絵付けしていく"マトリョータン"を製作しています。

昨年、僕の畑で"千成ひょうたん"の栽培をお手伝いさせていただき、そのお礼にと"絵付け教室"を開催してくださいました。

こちらは本家本元のマトリョータン。

やさしく、かわいい。

そして美しい。

こちらが僕の子。

"3次元曲面"に・・・"筆"。

む、むずかしい。頭に?マークがどれだけ浮かんだことか:)

辻さんにサポートしてもらいまくりながら、完成までこぎつけました。

僕が手がけた子はもちろん、辻さんのマトリョータンにもすごく愛着が湧きます。

それはきっと"背景"を知っているから。

どんな人が、どんな道具で、どんな技術をつかって向き合っているのか。

美術史を勉強しているかのようです。

その人を知る事で、見えかたがドンドン変わって来ます。

だから、大切にしたくあるわけです。

直感も大切ですが、僕は今、背景を大切にしたい。

似顔絵や、動物、キャラクターなども絵付けしてくださいます。

ぜひご覧いただきたい:) "マトリョータン"


©️ LØKKE furniture​      ルークファニチャー​

​・aichi ichinomiya

・pelican2255@gmail.com